【9/23まで】amazonで増税前最後のビックセール開催中!

水耕栽培で野菜を大きく育てる日当たりのポイント発見編!

バルコニーで育てた無農薬の自家製野菜を毎日食べて健康な気分になってきたまあくんです。3月20日から水耕栽培を初めて約3ヶ月。ふとしたことから野菜を元気に大きく育てる為には日当たりがポイントだってことを発見しちゃったみたいなのでちょっと検証してみます!

おや?野菜の成長具合が斜めになってるぞ

成長の違い小松菜

野菜の成長具合をいつものように撮影してた朝のことです。
撮った写真がなんか斜めみえることに気付きました。
「おかしいな~」と思ってよく見てみたら、野菜の葉っぱの高さが右に行くにつれて低くなってる!
ちなみに野菜のトレーはバルコニーの腰壁の上においてるんだけど、写真をよくみるとトレーを置いているところは左が低くなってて、それに合わせてトレイも左が低くなってるのに野菜は左側が大きく育って背が高くなってますよね。ちなみにトレーの下の方に見えてるグレーの層が培養液の水平ラインです。

他の野菜も成長具合を調べてみると

成長の違いリーフレタス

気になって隣のリーフレタスの成長具合も確認してみたら、これまた左の方が大きく成長してて、右の方が極端に低くなってます。(野菜が大きく育ってる左側がバルコニーの内側、右側がバルコニーの外側です。)

スイスチャードや水菜の成長具合まで斜めになってる!

成長の違いスイスチャード

なんだかすごい発見をしたんじゃないかと興奮してきたので、ほかの栽培トレーもみてみたら、なんとスイスチャードまでがバルコニーの外側が小さくて、内側が大きく成長していました。
う~ん。ここまで違いが大きいと分かりやすい!(この写真は左がバルコニーの外側、右がバルコニーの内側です。)

成長具合が違うのはなんでだろう?

陽射しでぐったりした野沢菜

日当たりがいいバルコニーの外側が大きく育つのならわかるけど、日当たりが劣るバルコニーの内側が大きくなるのはなんでかな~?と不思議に思ってたら早くもランチタイムになりました。
いつもの様にランチ用の新鮮野菜を収穫しようと思った時に野菜のある変化に気付きました!
なんと栽培トレーの野菜がぐったりしてます!
水が切れて葉がしおれてるのかと思ってあわてて栽培トレーの中をみてみると培養液はしっかり入ってました。
およよっ?じゃあなんでぐったりしてるのかな?

強い日差しの熱さで葉がぐったりしてるのかな?

陽射しでぐったりリーフレタス

おかしいと思いつつよ~く観察してみたら、なんだか日当たりがいいところと悪いところでぐったり具合が違うみたいです。
最近急に暑くなったので、日光が当たる部分が相当熱くなってて、そのせいで野菜がぐったりしてるのかもしれません。野菜というとお日様の光がたくさん当たった方が大きく育ちそうな気がするけど、炎天下の直射日光はだめなのかな~?

他の野菜も直射日光が当たる部分はぐったりしてる

陽射しでぐったり水菜

周りを見てみると水菜やほかの野菜もぐったりしてます。どうやら野菜の種類は関係なく全部ぐったりしてるみたいです。一瞬病気かなにかで『ぐったり野菜』になっちゃったのかと思って焦りましたが、そうではないようですね。

萎れないで元気な野菜発見!

日陰は元気

育ててる野菜は全部ぐったりしてるのかと思いきや、瑞々しくてフレッシュな『元気野菜』もありました。写真はリーフレタスですが、瑞々しくてとっても元気。
リーフレタスは熱さに強いのかな?と思ったりしながら全体を見渡した時のことです。

バルコニーの内側の方が大きく育つ理由を発見!

日向と日陰

『ぐったり野菜』と『元気野菜』の境目を発見しました!
写真を見ると一目瞭然ですが、直射日光が当たってるとこの葉ぐったりして、日陰になってるとこは活き活き元気な状態です!
普通だったら日光が当たる方がすくすく育つ気がしますが、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしの様です。直射日光が当たる部分はぐったりして成長が遅れてます。
ひょっとしたら水耕栽培なので、土で育てる時と違って培養液の温度が上がりやすいとかの理由があって葉がぐったりするのかもしれませんね。

水耕栽培の野菜の成長と日当たりとの関係がポイント

というわけでいろいろ観察してみた結果、水耕栽培の野菜を育てるときは炎天下で直射日光に当てると『ぐったり野菜』になっちゃって成長が遅れるということが分かりました!
今回バルコニーの外側の日光がたくさんあたっている野菜の成長が遅かったのはこれが原因みたい。もちろん日が当たらない方が光を求めてひょろひょろと伸びてるんじゃないかとか他の原因もあるかもしれませんが、日陰の方が茎も太く、葉も大きく立派に育っているのを見ると、炎天下の「ぐったり効果」の影響が大きいようです。
※葉っぱがぐったりしてるので、勝手に「ぐったり効果」と命名してみました(笑)。
これって思いもよらない位意外な事実ではありましたが、嬉しい発見かもしれません!
だって直射日光が当たらない室内や北向きバルコニーでも水耕栽培ならすくすく元気な野菜を育てられるかもしれないって事だからです。
うちのバルコニーは直射日光がないから家庭菜園は無理かなと思ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、明るい環境であれば、直射日光でなくても野菜は育つみたいです。
水耕栽培にはまだまだ誰も知らない可能性がありそうなので、これからもいろいろトライしてみたくなってきました♪

2 COMMENTS

まあくん

Passerbyさんこんばんは〜。
はっ!
その視点は全く抜けてました!
成長は問題なかったんで気になりませんでしたが、そうかもしれません(笑)。
今年栽培するときにチェックしてみますね〜(^-^)/

Passerby

それは成長っていうより単に徒長しているんだと思いますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です