【9/23まで】amazonで増税前最後のビックセール開催中!

底の穴あけ不要!普通の食器をおしゃれな植木鉢にしちゃう方法!

お部屋や職場にグリーンの潤いが欲しいまあくんです。観葉植物やお花は植木鉢に植わっていますが、インテリアに合うおしゃれな植木鉢って意外と見つからないんですよね。でも大丈夫!デザイン豊富な普通の食器をおしゃれな植木鉢にする方法を思いついたので紹介します!

インテリアに合うおしゃれな植木鉢が見つからない

新緑や観葉植物なんかのフレッシュなグリーンが大好きな私。

仕事が忙しすぎてドタバタしてた時に「観葉植物やかわいい花がお部屋や職場のデスクの上にあったら癒されるし素敵だろうな~」、って思ったので早速グリーンショップへ行ってミニサイズのお花とグリーンを買ってきました~。

3号ポットで販売されてる花や植物

でもって買ってきたのはよくある黒いビニールポットに入って販売されてたお花とグリーンの苗なんですが、このままだと見てくれが悪いし、水をあげたときに底からジャバジャバと水が漏れちゃうので、自分好みのおしゃれな植木鉢に植えてあげたいと思います。

おしゃれな植木鉢って意外とみつからない

でもって意外と困ったのがその植木鉢探し。

これだ!っていうデザインのものってなかなか見つかりません。

普通の素焼きの植木鉢

いわゆる小学校の時にひまわりの種を植えたような超定番の素焼きの植木鉢はかわいいけどインテリアとはなじみそうにないし、ネットでみても大きすぎたり、デザインや色がイメージと全然あいません。。。

しかも、「これいいかも」って思っても、受け皿がついてなかったり、受け皿のデザインがいまいちだったりするんです。

実際にホームセンターやインテリアショップにも行って探してみたんですが、どうしても見つかりません。写真のものも合う受け皿がないし、なんだかザラザラしすぎて設置するテーブルなんかが傷そうです。

ちなみに市販の植木鉢の何がダメだったのかっていうと

  • 3号ポットにサイズが合わない
  • デザイン(形や色)が部屋に合いそうにない
  • ザラザラしすぎて机が傷つきそう
  • ツヤツヤしすぎて下品
  • 受け皿がないとか受け皿のデザインが合わない

てな感じで、色が気に入らないくらいの簡単なものではなくて、「全然イメージに合わない」って全否定したくなるくらいの勢いで見つからないんです。

おしゃれで自分好みの植木鉢を探すのって難しいものなんですね~。

普通の食器を植木鉢にする方法!

そんなこんなで迷いながらインテリアショップの中をうろうろしていたら、おしゃれなキャニスターを発見しました。

おしゃれなキャニスター

おお、なんかいい感じ♪

しかも素材感といい、デザインといい、サイズといい、ドンピシャな予感がします。

そして「こんなおしゃれな植木鉢があったらいいのにな~」

とそのキャニスターを手に取って見ていた時に閃きました!

そもそも食器と植木鉢って何が違うんだろう?
どっちも陶器でできてるしな~。

そうだ!これ植木鉢にしちゃえばいいんだ!

食器に穴あけをして植木鉢にする?

穴の開いてない食器の底

以前食器の底に穴をあけて植木鉢にする方法をみたことがある私は、「ドリルで穴をあけちゃえばいいじゃん」って思ったわけですが、よく考えてみたらその方法だとまた受け皿が必要になって、デザインやサイズが合うとか合わないとか面倒なことになりそうです。

受け皿を別で用意しなくてよくて、食器を植木鉢にする方法・・・

でも水が抜けないと土の中がじめじめしすぎて根腐れしちゃうし・・・

そこでまた閃きました。

そうだ!
水を排水して受け皿に流すんじゃなくて、植木鉢の底に貯めててもいいんだ!

穴あけしないで食器を植木鉢にしちゃおう!

というわけで、前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ穴あけをしないで普通の食器を植木鉢にしちゃう方法をご紹介します!

といっても手順はとっても簡単!

  • お気に入りの食器を用意する
  • ペットボトルの蓋をキャニスターの底に3個おく
  • 購入した植物を苗用ポットごと中に入れる

って感じでできちゃいます。超簡単でしょ。

それぞれの作業のポイントを詳しく紹介しますね。

お気に入りの食器を用意する

3号ポットのお花の苗

植木鉢の代わりになる食器を探すときの最大のポイントはサイズです。

購入したお花や観葉植物がぴったり入る直径のものを選びましょう。

ちなみにホームセンターやお花屋さんで販売されている黒いポット入りの花は3号サイズ(直径が9㎝のポットだよって意味)といって、サイズの規格が決まっています。

※もちろんいろんなサイズのもの(4号とか8号とか)いろんなサイズのものがありますが、販売されてるお花の苗で一番多いのが3号ポットです。

そして、高さは購入したお花や観葉植物のポットサイズよりも少し高めのものを選ぶことです。3号ポットの場合、高さは約8㎝くらいなので、13㎝以上の深さがある食器を選ぶとうまくいきます。

デザインとサイズを満たす食器を見つけたら後は簡単です。

食器の底にペットボトルの蓋を入れる

ここからは今回私が購入したLOLOのキャニスターを使って説明しますね。

食器の底にキャップを入れる

今度はペットボトルのキャップをキャニスターの底に3個入れます

なんでこんなことをするかというと、3号ポットを浮かせて入れ物の底に空間を作るためです。

普通の底に穴が開いた植木鉢だったら、たくさん水をあげたら鉢の底から抜けますが、穴のない食器だと水が溜まって根が呼吸できなくなり、根腐れしちゃうんです。

それが今回の方法だったら、お水をあげすぎたとしても苗用ポットの底から抜けた余分な水は、食器の底のペットボトルのキャップでかさ上げされた部分に溜まるので、土の中に余分な水が溜まって根腐れしなくて済むという仕組みです。

しかも食器自体が受け皿機能も果たすのでとってもシンプルでしょ。

これなら受け皿も不要で、汚れを気にする必要もないし、デザイン性もより高まるしで、いいことづくめです♪

食器の中に花を苗用ポットごと入れる

苗用ポッド事花を入れる

あとはこうやって買ってきたお花や植物をそのままポッドごと中にスポンと入れるだけです。

ハイ、おしゃれなグリーンの出来上がり~!

鉢カバーに入れた花の苗

おおっ!なんかインスタ映えしそうな感じになりましたよ。

とっても簡単でおしゃれでしょ~。

気に入ったデザインのちょうどいいサイズの食器さえみつかれば、こんなに簡単に植木鉢ができちゃいました。

今更ながら気づいたんですが、これってよく考えたら僕がいつもほぼ水耕栽培で使ってる貯水機能付きの鉢カバーと一緒ですね(笑)。

つまり、3号ポットのまま育ててキャニスターを鉢カバーとして使い、その鉢カバーには受け皿の貯水機能がついてるってわけです。

たまにポットを外して中に溜まった水を出したり、容器の底を水洗いしてあげれば、いつも清潔に保てるしほんとに合理的だな~。

根元の土を隠すとよりおしゃれに

インテリアバーグでおしゃれに見せる

そうそう、それから植物の根元をバーグチップというウッドチップを敷き詰めて隠してあげるとよりお花が引き立って綺麗に見せられますよ。

根元の土を綺麗に見せる方法 何もしないとこんな感じで、黒いビニールのポットや土が見えてていまいちなので、インテリアバーグを使った時の違いは一目瞭然ですね。

花や植物の交換も超簡単!

今回紹介している方法にはさらに素晴らしいメリットがあります。

こうやってポットをひっぱりあげて出せば、お花を簡単に入れ替えられるんです。

ポッドを交換する様子

お花屋さんで販売されているお花は1年草といって1年で枯れてしまうものもあります。なので、ずっと育てつつけることができないものもあるので交換が必要になります。

枯れた植木鉢の花

例えばこんな感じです。

枯れるたびに残った土を処分したり、新しいお花を植えるのは大変ですが、ポットのまま入れ替え管理すれば美しい状態を維持するのも超簡単!

次のお花を入れてあげると・・・

キャニスターが植木鉢に早変わり

はい!綺麗なお花が咲いてる植木鉢に代わりました~♪

これならお部屋でいつも綺麗な状態のお花や植物が楽しめますね。

 

おしゃれな陶器を探して植木鉢にしてみよう

おしゃれな植木鉢カバー

というわけでたまたま思いついただけの安易な方法ですが、実際にいろいろお花や植物を入れ替えて使ってみたらこれがとっても便利~♪

特に簡単に入れ替えられるのが便利で、お部屋や職場にいつもきれいな状態の花や植物を飾ることができる様になりました。

それからほぼ土を触らなくていいのもいいところ。ポットから外して植木鉢に植え替えるとなると土を追加したり減らしたり、はたまた根をほぐしたりと土を触って調整しないといけませんが、この方法ならそのまま入れるだけなので楽々なんです。

予想以上にうまくったのと、食器を植木鉢に使えないかと考える創作感が楽しくて、最近ではどこかに買い物に行くたびに「これ植木鉢にならないかな課~?」なんて楽しくショッピングできるようになりました。

もしおしゃれな観葉植物やお花を飾りたくて植木鉢を探してる方がいらっしゃったら食器で使えるものがないか探してみてください。きっと普通の植木鉢よりもおしゃれで愛着のわく植木鉢になってくれると思いますよ♪

さ、今日は休みだし、買い物ついでに素敵な植木鉢になりそうな食器がないか探してみよっと♪

 

役に立ってくれるといいな。まあくんのなんでもミニ情報!

ビニールポットが高すぎるときは

同じ3号ポッドでもものによってはその高さが違うものがあります。

高いポッドははさみで切る

ポットの高さが植木鉢にしたい容器より高いときは、はさみでポットの上端を切り取って調整してあげましょう。たいていポットの高さが高くても中の土はたくさん入ってない場合が多いので、無駄な部分を切り取るだけでサイズが合うようになりますよ♪

●今回紹介したキャニスターの価格や情報はこちら!

 

2 COMMENTS

まあくん

あいさんこんばんは〜。
そんな〜。たいしたことないです。
と言いつつも、褒められるとめちゃくちゃ嬉しいです(o^^o)
いつも応援していただいてありがとうございまーす。

あい

とってもいいアイデアですね(*´・ω・`)b!
まねっこさせてくださ〜い!
まーくんさんのアイデア、いつも素敵で大好きです💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です