【12/9まで】amazonで今年最後のビッグセール開催中!

ドローン操縦に挑戦!DJIのMAVIC AIRをレンタルで飛ばしてみた!

少年時代は紙飛行機に夢中になったまあくんです。最近個人でも趣味で飛行操縦や絶景の空撮を楽しめると話題のドローン。近未来のハイテク感と空撮による綺麗な映像に魅せられて、最新型のドローンDJIのMAVIC AIRをレンタルして飛行操作や空撮にチャレンジしてみたのでご紹介!



ドローンの空撮をしてみたくなったきっかけ

なんで突然ドローンの空撮にチャレンジしてみたくなったかっていうと、たまたまyoutubeでおすすめ動画として出てきた空撮映像をみたからなんです。
ドローンって最近はやってるけど、どんな感じかな~?
くらいのノリでみてみたんですが、これが息をのんじゃうくらいかっこよくて魅力的な映像だったんです!
寝る前だったのに、ワクワクしながら3回もリピートしてみちゃいました(笑)。

壮大で綺麗な映像に惹かれたのはもちろん、もともと紙飛行機とかゴム動力の模型飛行機とか、空飛ぶものが大好きだったのもあって、すぐにドローンを試してみたくなってアマゾンや楽天を検索してみる私。
どうやら飛行能力や撮影時の画質がいいものがどんどん出ているようですが、高性能なものはお値段が10万円以上するようです。気軽に買うにはかなり高価ですし、購入後に「違うのにしとけばよかった」なんてことになったら大変。
かといって安いトイドローンと呼ばれるジャンルのものは飛行時間が短かったり、画質がイマイチだったりしてワクワク感が足りないし、どうしよっかな~。

お小遣いで買うには高いな~

どれ買ったらいいのかな~

でも綺麗な映像を撮影してみたいな~

なんてことを寝る前のお布団のなかで考えるのでした。

最新型のドローンがレンタルできる

そんなときに発見したのがドローンのレンタルサービス。なんと最新機種も含めていろんなドローンや周辺機器がレンタルできちゃうみたい。

予約しとけば希望の日に間レンタルできる仕組みで、希望日の前日に郵送で届いて、使用後も郵送で返却するんだって。しかもキャンペーン価格でちょうど安くなってます!
「これいいかも!」
買うかどうかで迷いまくってたところに別視点の解決策が見つかったのと、ちょうど連休前だったこともあって、即予約しちゃいました~♪

空撮にチャレンジするドローン DJIのMAVIC AIR

そしてゴールデンウィークに入って届いたのがこちら!
ドローンで最大手のDJIというメーカーがだしてる最新機種のドローン、MAVIC AIRです!
写真の様な専用のバッグに入った状態で届きました~。

キャリーバッグに入ったドローンと付属品
バッグをあけてみたらドローン本体やバッテリー、コントローラなんかが入ってて、もう気分はプロのドローンパイロットです。
目を輝かせながら中身を確認してみると、ドローン本体にコントローラー、バッテリーに充電器、予備のプロペラに接続ケーブル、それから追加でレンタルしといた予備バッテリー2個が収納されてました。

超親切で充実したレンタル付属品

でもってすごかったのがレンタル品のホスピタリティ。バッテリーはフル充電されてる状態でしたし、レンタルや返却の仕組みを書いた解説がついてたり、返送用の宅急便の伝票も着払いの伝票だったうえに宛名や発送者(私の名前)が記載済で、「どこまで親切なの~?」って聞きたくなるくらい丁寧な対応で、なんだかすっごく得した気分です。

ちなみに2泊3日でレンタルしたんですが、前日の午前中に郵送で届いたので実質3泊4日。それでいて料金は10480円とリーズナブル。ちなみに購入したとすると、13万円くらいするセットなんですが、これならお小遣いを貯めて利用できますね。
販売価格やセット内容が気になる場合はこちらをチェックしてみてくださいね。

しかも、後で気づいたんですけど、なんと32GBのマイクロSDカードまでついてたんです。ドローンは高画質の映像を記録するためには大容量のSDカードが必要なんですが、普通は付属されておらず、自分で用意しなければなりません。私の場合も飛ばす直前になって、

あ~っ!メモリーカード用意してなかった~!
って気づいて慌てたんですが、ドローンにメモリーカードがセットしてあるのを見つけて、レンタル業者さんが気の利く優しいお母さんのように感じちゃいました(笑)。

コンパクトでかっこいいMAVIC AIR

コンパクトに折りたたんだドローン

ワクワクしながらドローンを出してみると、驚くほどコンパクト。iphoneと比べてみるとコンパクトさが分かりますよね。ドローンってこんなにコンパクトに変形した状態で収納できるんですね。

ドローンの飛行準備

それでは早速飛行準備です。

まずはプロペラ部分の腕をこうやって広げて、脚をだして・・・
なんだかトランスフォーマーみたいに変形していくのがすごいな~。
さらに電源をいれて・・・

おおっ!なんか光だしてかっこいい感じになったぞ!
う~ん、レッドボディがまたカッコいいですね。

続いてコントローラをだして・・・

下のアームを広げて・・・自分のiphoneを合体させると・・・

うひょ~!なんかロボットアニメなんかででてくるロボットの合体みたいでかっこいい!

おっと、ドローンの操作には専用アプリが必要でした。

スマホにアプリをダウンロードしてから必要事項を入れたらドローンとの接続です。画面に表示されるがままに進んで
wifiでスマホとドローンをつなぐ設定をすると・・・

スマホの画面にドローンがみてる映像が映し出されました~!!
表示のマークの意味とかは全然わかりませんが、カッコよすぎてなんかしびれてきました(笑)。

私はドローン初心者。しかもドローンには簡単な接続マニュアルしかなかったので、操作できるかすっごい心配でしたが、アプリで勝手に操作メニューの説明が始まって、一通りみればだいたいどんなことができるか分かったような気がします。最近のアプリはとっても便利ですね~。

ドキドキワクワクのドローンテスト飛行

さあいよいよテスト飛行です。初めてで不安満点なのでまずは写真の様な広めの室内スペースでやってみます。ほんとはプロペラガードっていう部品もドローンにつけるんですが、テスト飛行だし、僕は安全運転なのでなしで行ってみます。

といいつつ、しょっぱなから「離陸の時の上昇スピードの加減とかどうしようかな~。いきなりふっ飛んでったりしないかな~。」なんて思ってたら、なんとボタンひとつで自動離陸してくれるみたいです。

こわごわと離陸させみると(といってもボタン押しただけ)、ブイーンとプロペラが回りだし、ふわりとドローンが宙に浮きます。

浮いた~!!!

ドローンが飛んでる~!!!

初めてのドローンに超興奮する私。ビックリしたのはドローンがめちゃくちゃ安定してることです。宙に浮いたまま揺れることもなくピタっと静止してるんです。もう魔法じゃないかと思ったくらいです。
それから予想外に驚いたのがブーンという音。ハチが飛ぶときみたいな感じで結構でかい音がします。こっそり近づいて撮影とかは絶対無理っていうか、おうちの中で飛ばしてたらお母さんにうるさいよって怒られるかもしれないレベルです。

そんなこんなで初めてのドローンにいろいろ驚きながらもコントローラーで操縦してみると、ドローンの動きがとってもスムーズ!!!

滑るようにスイ~っと動くんです。ドローンの滑らかな動きにもう感心しまくりです。
もっと操作してみたいんですが、ドローンにとって、この空間は狭すぎる様子。もっと広いところへ出てみることに。

ちなみに室内でも楽しく飛ばせるトイドローンっていうのもあるんだって。気になる方はこちらをチェックしみてくださいね。

天井のない広いところで操作してみると

こんどは外の駐輪場や駐車場で飛ばしてみます。
さっきと違って音が気にならなくなりました。どうやらさっきは静かな室内で音が響いちゃったみたいですね。外で車の音が聞こえるところとかだと殆ど気になりません。

今度はドローンを上昇させてみると、マンションの壁の横をぐんぐん上がっていきます。
すげ~!テレビでみたドローンみたいだ~(笑)。(←正真正銘のドローンです。)
まだまだ上昇することができるようですが、写真くらいの高さまで上がると怖くなってきました。
ドローンの性能に私の精神力と操縦能力がついていってないみたいです。。。

そこで今度は屋根付きの駐輪場を自転車をよけながらとばしてみることに。
スターウォーズで宇宙船を操縦する気分ですいすいとドローンを飛ばしてたら、なんと操作を間違えてドローンが天井にごっちんこ!

やっば~いっ!


駆けつけてみると幸い傷や故障はありませんでしたが、おっちょこちょいな自分を反省しつつ、ちゃんとプロペラガードなる防御用の部品を付けときました。皆さんもプロペラガードは絶対着けときましょうね。

操作は簡単だけど奥が深い

プロペラガードをつけて心強くなったので、さらに駐車場でいろいろ試してみる私。操作は以下の組み合わせでやるのでとってもシンプルなんですが、以外と奥が深かったりします。気が付いたら夢中になってドローンを操縦してました。

  • 上昇
  • 下降
  • 右回転
  • 左回転
  • 前進
  • 後退
  • 右移動
  • 左移動

思い通りに滑らかにドローンを操作して美しい映像を撮るためにはしっかり腕を磨く必要がありそうですが、なんだかとっても楽しそうで、ワクワクがとまりません。

ドローン(MAVIC AIR)のすごいとこ

いろいろ操作してみて気づいたんですが、ドローンには予想もしてなかったすごい機能が搭載されてました。
全部は無理なので、私が気づいた特徴的なのを紹介すると、まず、ドローンは風が吹いてても同じ位置にとどまり続けることができます。このときも結構風が吹いてたんですが、ドローンは少しも流されることなく、ピタッと空中で止まってました。GPSがついてて、自分の位置を把握してるらしいのですが、ほんとにすごい安定性です。

それからドローンにレーダーがついてて、壁やものにぶつかりそうになると自動で止まる機能もついてました。
試しにドローンを生垣に近づけてみると、ピタッと止まって画面に警告表示がでたり警戒音がでて、ドローンは写真の位置から前には進まなくなくなりました。
な、なんて賢いんでしょう。
前、後ろ、横、下にレーダーがついてるそうなんですが、上にもレーダをつけといてくれたら、僕みたいに天井に当たっちゃう人が助かるのにな~(笑)。

もっと練習したり、いろいろ試してみたい

というわけで、ワクワクこわごわ飛ばしてみたドローンですが、予想以上に高性能でもっともっといろいろ試してみたくなってきました。ドローンの性能をフルに活かして気持ちよく飛行するためには、う~んと広い場所がふさわしい様なので、場所を移していよいよ初めての空撮をためしてみますよ~♪

記事の続きはこちら!地元の広い山間部で空撮してみました

ドローンで空撮した田んぼ綺麗な映像が撮れる最新ドローンMAVIC AIRで初めての空撮にチャレンジ!

 

役に立ってくれるといいな。まあくんのなんでもミニ情報!

レンタルするよりも購入したほうがいいかも

大満足のドローンレンタルでしたが、ほんのり感じたのが購入した方がいい場合もあるかなって思った事。
実際にレンタルしてドローンを飛ばしたり撮影してみて時々感じたんですが、経験上以下の様な方はレンタルよりも購入したほうがめいっぱい快適にドローンを楽しめると思うので参考にしてくださいね。

  1. 壊してはいけないと思って自由に飛ばせない
  2. 返却時間に間に合うか終始気になる
  3. 忙しくてタイムリーな受け取りが難しい
  4. ドローンの操縦や空撮のスキルアップをしたい
  5. 1回だけじゃなく、もっとドローンを楽しみたい

私は特に①の借りたものは傷つけづにピカピカのままで返却しなきゃいけないと思って、控えめ操縦しかできなかったことと、⑤のもっといっぱいドローンを楽しみたい!ってのが大きくて「買ってもよかったかも」なんて思ってます。

今回紹介した最新型ドローンをアマゾンや楽天でチェックしたい方はこちら

購入するなら、いろいろサポートを受けられる公認ショップもオススメだよ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です