水耕栽培キットでスイカを収穫!甘くておいしいスイカになったかな?

スイカの収穫が嬉しい

  1. 夏も終わりだな~と感じ始めたまあくんです。ベランダ菜園でスイカの水耕栽培にチャレンジしたんですが、ついに収穫の時がきました!果たしてでっかくて甘いスイカが収穫できたのでしょうか?今回は水耕栽培キットで育てたスイカの収穫の様子を紹介します!

ベランダ菜園で水耕栽培キットで育ててるスイカ

茂りまくりのスイカのツル

こちらはベランダ菜園で育ててる水耕栽培のスイカです。

って、茂りまくってる上にメロンやブドウの葉っぱも映ってるので、どこがスイカの株なのかよくわかりませんね。

お盆休みの大雨と強風でちょっと葉っぱが傷ついたり折れたりして枯れてるとこもありますが、それでも元気に育ってくれてます。

水耕栽培キットでスイカを栽培

ちなみにこのスイカはこの水耕栽培キットMASCOで育ててるので、土は全く使ってないんですよ。ベランダの床においてあるんですが、光が当たらないベランダの腰壁の裏側は下葉が全部枯れ落ちっちゃってツルだけになってます。

これでもちゃんと水を吸い上げられるって不思議ですね~。

ツルが茂りすぎた

でもってこんなに茂りまくってるスイカなんですが、実は実ってるスイカの実は1個だけだったりします。

多分ほとんどの葉やツルは実に関係ないんじゃないかな~(笑)。

スイカの実がなってるツル

そしてこれが実ってくれたスイカちゃんです。

う~ん、かわいい!

ほかにも何個かスイカの実が受粉に成功して結実したものの、なぜかビー玉くらいの小さいうちにダメになっちゃいました。

ほかの実は雨天が続いて強風であおられまくったときに傷んじゃったみたいなので、この綺麗に実ってるスイカはそんな悪天候をくぐり抜けて大きく育ってくれた奇跡のスイカなんです♪

この奇跡的に実ったたった一つの実をもっとでっかく育てるためには葉っぱにしっかり日光を当てるのが大事!

実がなってるツルだけを残す

というわけで、実がついてるツルと、そうでないツルを分けてみたら、なんとほとんどのツルと葉が無駄だったと判明!

左側がスイカの実がついてるツルで、右側が実のなっていないただのツルや葉なんですが、右のほうが3倍ぐらいの量があります。。。

まさかここまで無駄なつるや葉があったとは思わなかったのでびっくりしつつ、実がついてる方のツルを広げておひさまの光がしっかり当たるように広げます。

は~、もっと早く気付くべきだったな~、なんて思いながらツルを動かしていた時です。

事件発生!スイカの茎をおっちゃった!

スイカのツルが折れた

スイカの実を動かそうとしてたらペキッて音がして、実のついてるところの茎が折れちゃいました!!!!!

うわあああああ~っ!

奇跡のスイカの命綱を切っちゃった!?

スイカのツルが折れた

胃のあたりがきゅっとなって、アドレナリンがドクドク出てるんじゃないかというあの何とも言えない状態に陥りつつもスイカのツルをよく見てみると、完全に折れてはいない様子。

そして、スイカの実よりも先のツルが折れてることが分かりました。

は~、た、助かった・・・・

完全におれてなければ水分は供給されるはずだし、実より先の茎ならスイカの実に流れる栄養は変わらないはずです。

かわいく実ったスイカ

命拾いしてホッとしつつも、大事に育てなければと思って警戒心MAXの心理状態になったので、こうやってカゴに入れて大事に育てることにしました。

いや~、ほんとにスイカの実より手前の部分が折れてなくてよかった~。

そういえばこの時8月17日だったんですが、そろそろ収穫の時期なのかな~なんて思い始めました。

スイカの収穫のタイミングはいつ?

暑い日差しからスイカを守る

雨だらけのお盆休みのあとはまた暑い日差しの日々が続きます。

スイカの実に直接日光があたると、スイカの実が暑くなってしまうので、ツルを実の上にのっけて日陰をつくって守ってあげます。

そこなら涼しいから大きく育ってね~♪

とか能天気なことを言いながらスイカの成長を楽しみに過ごしていたある日のことです。

スイカの収穫のタイミングが分からない

およ?スイカの実の付け根からでてた葉っぱが枯れてます。

実の付け根のツルや葉が枯れるのはメロンだったら「収穫時期が来たよ」っていうサインなんですがスイカもそうなんでしょうかね~?

スイカの収穫時期を確認するために種のパッケージに書いてあった収穫時期の目安を調べてみると、「交配後45日で登熟」って書いてあります。

受粉して結実したあと45日でおいしく熟した状態になるよってことだから・・・

受粉したのが6月30日くらいで今日が8月24日だから・・・

 

!!!!

もう過ぎてるじゃん!!!

受粉してから55日くらい経ってることが判明しちゃいました。

普通ならここで慌てて収穫するところですが、

まだスイカの実はそんなに大きくなくてかわいい感じなので、

「もう少し様子を見てもいいかな~?」なんて欲張ったことを考えて、さらにでっかく成長させようとたくらみます。

スイカのツルが急速に枯れていく

ツルが枯れてきたスイカ

ところがどっこい!

翌日からスイカのツルや葉が黄色くなり始めました。

およよ?どうしちゃったのかな?

なにが起こってるのか把握できないまま様子をみていたら、なんとその3日後の8月28日。

ツルが枯れてしまったスイカ

ツルも葉も全部枯れちゃいました~!!!!

あまりの状態の急変になすすべもなく、枯れちゃったわけですが、水切れしたわけでも病気になったわけでもないのにどうしたのかな~と思って調べてみたら、原因は根にありました。

スイカの根の状態

以前見たときは水耕栽培キットの中に白くてきれいな根がびっしり広がってたんですが、現在はこんな感じで、すっかり根の量が減ってる上に茶色くなっちゃってます。

スイカの根の状態

どうやら長期間の栽培や暑さによる培養液の温度上昇で根が傷んじゃったみたいです。

ダメになってしまった根をもとに戻すことはできないので、これ以上の栽培はあきらめてスイカの実を収穫することにしました。

ついに水耕栽培のスイカを収穫!

スイカの収穫

幸いなことに葉っぱやツルは完全にかれてても、実は活き活きとした色でツヤツヤしてる状態です。まだ小ぶりではありますがドキドキしながらはさみで収穫します。

あ~、ツルを切るだけなのに、なんでこんなに緊張してるんでしょう。

ワクワクしながらツルを切ります。

かわいいスイカの実

じゃ~ん!

ついに水耕栽培で育てたスイカが収穫できました~♪

緑色のボディに濃い緑黒色の雷型のシマシマの線が入ってて、これぞスイカって感じですね。

ちょっと小さいのがまたかわいくてたまりません。

表面もツヤツヤして触り心地がいいので、ついさわさわしてしまいます(笑)。

スイカの収穫が嬉しい

それにしても収穫ってなんでこんなに嬉しいんでしょうね?

こうやってスイカを光にかざしてみたり、撫でてみたり、くるくる回してみたりと、ニコニコしながらスイカちゃんと戯れてしまいました(笑)。

収穫できたスイカの重さ

ちなみに収穫できたスイカを図ってみると471グラム。2キロくらいあるでっかいスイカを目指してたので、想定よりはかなり小さいスイカになりましたが、全然かまいません!

だってこんなにかわいんだもん♪

収穫したスイカを切ってみる

収穫したスイカを切ってみる

収穫したスイカの中身がどうなってるのか気になって仕方なかったんですが、そこはぐっと我慢して冷蔵庫で一晩冷やし、翌日のランチの後に切ってみることに。

この夏の成果がここで発揮されるんだな~と思うと切るのがちょっと怖かったりしますが、逆に綺麗なスイカができてることを期待してワクワクもしながら包丁を入れてみると・・・

水耕栽培で育てたスイカ

おおお~っ!!!

綺麗に赤く熟したスイカが出てきました~!

しかもみずみずしくてめちゃくちゃおいしそうです♪

いや~、これ大成功じゃん♪

ちょっと不安だった心はいきなりテンションMAX状態になってウキウキモード発動です(笑)。

綺麗に熟した水耕栽培のスイカ

ちょっと小さいですが、こうやって切ってみると、逆にミニチュアみたいでかわいい感じがします。

う~ん、夏だな~、スイカだな~、もう楽しくてたまんない♪

それにしてもちょっと不思議だったのが、スイカの実自体は小さめなんですが、種はしっかり普通のスイカと同じサイズで育ってたことです。

こうやって見るとスイカの実に対して種がでっかく見えちゃいますね(笑)。

水耕栽培で育てたスイカの味は?

そして注目の水耕栽培で育てたスイカの味ですが、ドキドキしながらかじってみると・・・

めちゃくちゃあま~い!!!

ってほどではなく、スーパーの安いスイカくらいの甘さでした(笑)。

単独で食べると甘味が弱いけど、塩をかけるといいくらいっていう甘さかな。

収穫が遅めだったせいかシャリシャリ感もやや弱めだったので、次回育てるときは収穫日をしっかり管理しつつ、さらに甘くてでっかいスイカが収穫できるようにさらに研究してみたくなってきました。

ベランダ菜園でスイカの水耕栽培大成功!

スイカの収穫が嬉しい

というわけで、ベランダ菜園での初めてのスイカの水耕栽培チャレンジは大成功でした!

ちょっとスイカの実が小さくてかわいく仕上がったのは予想外でしたが、それ以外は期待以上の出来だったと思います。

小さい実だけど、でっかい幸せを収穫できちゃいました♪

ツヤツヤしててしっかりしたシマシマが入ったかわいい実が収穫できて嬉しかったのもありますが、途中折れやすいツルにびっくりしたり、強風から守ったりしてあげたりするのにドキドキハラハラしたり、夏の日差しの中で育っていくスイカの実の様子を見るのも楽しかったな~。

収穫だけじゃなくて栽培自体が楽しいのがベランダ菜園のいいところだと思うので、やってみたいなって思った方はぜひチャレンジしてみてください。

きっと毎朝水をやるときに笑顔になれると思いますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です