【12/9まで】amazonで今年最後のビッグセール開催中!

軽くて薄くて小さい財布!Bellroy Note sleeve wallet の特長と使用感!

コンパクトで使いやすいベルロイのノートスリーブというお財布がすっかり気に入ってしまったまあくんです。薄くてコンパクトなお財布を探している方のために、ベルロイの二つ折り財布「ノートスリーブ」の特長をメリットやデメリット含めて分かりやすく紹介しますので購入するお財布を選択するときの参考にしてくださいね。

ベルロイのノートスリーブを購入して使ってみた記事はこちら

ベルロイの小さくて軽いお財布のメリット

メリット1 財布のサイズがとっても小さくて軽い

まず一番おおきなメリットはお財布のサイズ自体が小さいってこと。
このお財布は一番大きい紙幣の1万円札がピッタリ入るサイズで、全く無駄のない合理的なコンパクトさです。

コンパクトなお財布にするために誰でも思いつきそうな事なんですが、販売されてるお財布を探してみると意外とほかのメーカーの財布ではみつからないメリットです。

財布のサイズが小さいと、デニムのポケットにいれても邪魔になったり動きにくいなんてこともありませんし、スーツのポケットにいれても膨らんだりしなくてスマートに過ごせるのでなにかと嬉しいんですよね。

そして重さも40グラムととっても軽量。100g以上の重さのスマホを持ち歩いていることを考えれば、ほとんど重さがないと言ってもいいくらいの軽さです。軽すぎてスーツのポケットに入れてるのに「財布忘れたかな?」って思っちゃったくらいの軽さなんですよ。

メリット2 薄いのにカードがいっぱい入る

それから薄いのにカードがいっぱい入るのもいいところ。なんとクレジットカードなんかの厚みのあるカードを10枚くらい収納することができます。

秘密はカードを仕切るための革の使用量を最小限に抑え、まとめてカードを収納する仕組みです。

一般的なお財布のカード入れは、一枚一枚皮でつくられたポケットに入れる様になってるので、カードポケットを増やすのにつれて革の使用量が増えてどんどん分厚くなりますが、ノートスリーブはまとめてカードを入れるポケットがついてるのでそんなことがありません。

頻繁に使うカードじゃないけど持ち歩いてないと不便という様なカードを入れておくのに最適です。

メリット3 カードが財布から取り出しやすい

それからカードをまとめて入れると心配なのが取り出しにくさ。普通の財布はカードの頭の部分がポケットから飛び出してて一枚ずつ取り出せるようになっていますが、まとめて入れると出しにくくなるんじゃないかと心配になります。

ところがこのベルロイのノートスリーブの場合はカードを引き出せる引っ張りタグが付いているので誰でも簡単にカードを出すことができます。この機構だったら手袋してても簡単にカードが取り出せそうなくらいです。

メリット4 デザインがシンプルで質感がおしゃれ

これはネットで財布を選ぶ場合は見落としやすいことなんですが、こだわりの革の質感とシンプルなデザインがとってもおしゃれ

薄さを売りにしているフリューやアブラサスなどの他のお財布は化学繊維をつかってたり、革でも質感がちょっとチープだったりしてデザイン的にイマイチな感じがするものも多いんですが、ノートスリーブはほんとに質感がいいんです。肌触りもすべすべしてて、触ってて気持ちいいし、机の上に置いてるだけでも様になります。
調べてみたら、ベルロイの製品は最高級のフルグレイン・ベジタブル・タンニングレザーという牛革が自然な風合いを出してるみたいで、合皮や化繊にはないデザイン性を持っています。

この財布を使いだしてから、周りの人に「その財布すっごい薄くてコンパクトでかっこいいね~。どこのお財布?」なんて聞かれる様になって嬉しくなりました。逆に小ささに驚いて「お金ちょっとしかはいらないんじゃない?」なんて心配してくれる人もいるんですけど、そんな時は「実はね~」なんて気取りつつ自慢してます(笑)。

それから財布を薄くするために革を様々な形にカットしたりして複雑な仕組みになってるお財布は、お札を入れるときに革をめくったり爪状になった革の部分にお札をさしこんだりと、結構手間がかかるタイプが多いんですが、この財布は一般の財布と同じ動作でお金を出したり入れたりできます。毎日使うものだから、ストレスなくスムーズに使えるのは絶対外せない要素ですもんね。

Bellroy Note Sleeveのデメリットは?

逆に使いにくかったところもしっかり紹介しときます。

究極の薄型コンパクトサイズゆえのデメリットかもしれませんが、大量の小銭を頻繁に出し入れする方には向いていません。写真のように小銭入れはお札を収納する部分に隠しポケットのように用意されていて、5枚くらいの小銭を入れることができますが、口が狭いので出すときはちょっと使いにくかったりします。

小銭を財布から手の平に全部出してそこから支払いをして、残った財布を元に戻すという使い方なら問題ありませんが、小銭入れの中から100円を選んで100円だけ出すといった使い方をするのは結構難しかったりします。

普段カードや紙幣をメインでつかっていて、自販機でドリンクを買うとか、駐輪場の支払いなどの「いざという時のため」小銭を一応持っておこうかなって使い方の方にオススメだと思います。

もし小銭をたくさんいれてじゃらじゃらしながら必要な硬貨を選んで出す使い方をしたい場合は、薄くてもちゃんと充実した小銭入れが付いたベルロイ製のお財布もあるので、そちらを検討してみるといいかもしれません。

ノートスリーブの価格は?

店舗やネットでの販売価格を調べてみると、ベルロイのノートスリーブは私が購入した二つ折りの小銭入れが控えめのタイプでおよそ12000円くらいで販売されています。牛側を使ったお財布の価格としては一般的なお値段ですね。

購入できる販売店は?

ベルロイ製のお財布はハンズなどのお店で販売されていますが、百貨店では意外と販売されているところが少なかったりします。そんなときはアマゾンや楽天をチェックしてみましょう。

参考にリンクを貼っておきますので、安くお得に購入するための参考にしてくださいね。

★今回紹介したお財布や価格をアマゾンでチェックしたい方はこちら!

★小銭入れが充実したタイプもあるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です