なんでもチャレンジ

持っていてよかった!入院するときに必要な持ち物リストおすすめ順!

-  

生まれて初めての手術&入院をしてきたまあくんです。最近は病院でもレンタル用品が充実してたりコンビニも併設されてて不自由なく過ごせるそうですが、「やっぱり自分で準備しておいてよかった!」ってありがたかったものがあったんです。そこで、今回は実際に入院してみて気づいた絶対持っておきたいグッズをご紹介!

入院するときに必要なもの

入院のベッド

病気やケガ等、様々な理由で入院される方はいらっしゃると思いますが、病院のシステムや備品がよくわからなかったり、入院するのが初めてで「そもそも何を準備したらいいかも分からない」って状態の方が多いんじゃないでしょうか。

私も初めての手術&入院で何を用意したらいいのかわからず、結構準備に戸惑ちゃいました。
無駄なものは持っていきたくないし、かといって持っていないために困るのもいやだしな~。
入院の経験もないし、必要なものを家族に頻繁に持ってきてもらうわけにもいかないし、どうしよっかな~?なんてちょっと不安になったりします。

たいていのものはレンタルできる

入院時のレンタル品

病院の入院の案内をみてみると、日額500円くらいでほとんどの日用品はレンタルできるみたい。
必須の寝間着やタオルはもちろん、こんなものまで準備されてました。

以下、私の入院した病院のレンタル用品(日額500円だったよ)

  • 寝間着(上・下)や手術着
  • バスタオル・フェイスタオル
  • ティッシュ
  • 箸&スプーン&フォークセット
  • 吸い飲み
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • シャンプー&ボディーソープ
  • ブラシ

日額500円払えば必要な時に必要なだけ提供してくれるらしく、一瞬「これなら手ぶらでも入院できそうかも」って思いました。

コンビニ(売店)も併設されてる

私が入院した病院は1階にコンビニが併設されてたので、ここでも必要なものが買えるようになっていました。しかも普通のコンビニと違って、入院に必要と思われる食器や肌着、日用品なんかがすっごく充実してて頼もしそうです。
やっぱりなんだかんだ言って現代人はコンビニがあると落ち着くんですよね(笑)。

それでも持っててよかったもの8選

ところが、そんな充実した最新設備の病院だったにも関わらず、実際に入院してみたら、「自分で持ってきといてよかった~♪」ってなったものが結構あったんです。

これって、入院して体が不自由になったり制限のある中で過ごしてみないと分からないことだし、これから入院する方々にとって、すっごく役立つ情報かもしれないと思ったので詳しく紹介してみます。

※ついつい「次回自分が入院するときの備忘録として」って書きかけましたが、もう絶対入院はしたくないので、「私以外の」これから入院される方のために書きます!(笑)。

ちなみに重要度(ありがたみ)が分かりやすい様に、私が「ありがたかった~!」って思った順番に紹介していきますので、参考にしてくださいね。

やわらかハンドタオル

いわずと知れたハンドタオル。当然レンタルもできますが、顔や体をふくだけでなく、枕の硬さや高さを調整したり、寝ている間のよだれを防いだり、濡らして口元において乾燥を防いだりと、多種多様に活躍してくれます。

ところがレンタル品のタオルは漂白されている為か、かなり硬い仕上がりなんです。その硬さといったら、ゴシゴシ顔を拭いたらお肌がヒリヒリしちゃうくらい。
なので使い慣れたやわらかいハンドタオルを数枚持っておくとすっごく重宝します。

それからタオルはいくらでもレンタルできると思ってたんですが、実際は使いたいタイミングに提供されなかったり、看護師さんがバタバタしてて思うようなタイミングで交換してもらえないということもあるので、自分の好きな時に好きなように使えるタオルがあるってとっても便利だったんです。
ぜひお気に入りの使い慣れたタオルを持っていきましょう。

ボディシート(石鹸の香り)

病院はお年寄りや病気で弱った方の体温確保のために室温が結構高めに設定してあるみたい。なにかと汗をかくことがあります。普通にベッドに寝てても寝汗をかきますし、手術の後や麻酔で自由に動けないときに限って暑くて汗だくになります。
もちろんシャワーを浴びたり蒸しタオルで体を拭くことはできますが、手術後は点滴や心電図のセンサーとかがいっぱい腕についてたりして、簡単にシャワーを浴びることはできませんし、シャワーは曜日によって男女の制限があったり、予約が必要だったりします。しかもふらふらしているときは看護師さんに手間をかけなければななかったりして病人には結構ハードルが高かったりします。

こういう場合は自分で不快感を感じた時にさっと汗を拭けるボディーシートがとっても便利でした。
「万が一の為に」ってくらいの気持ちで持参したんですが、超が3つつくぐらい大活躍してくれました。
特に手術後で汗だくなのにシャワーが浴びれないとき、そして看護師さんが緊急の方がの処置などであわただしくされてて蒸しタオルを作ってる場合じゃないときなんかにとっても便利です。

私の場合は体拭きたいなんて理由でナースコールを押すのが気が引ける~なんて思ったりして、自分でこっそり不快な背中やわきなんかをさっと拭くのに使ってたんですが、ひと拭きしただけで体がすっきりさっぱりした上にサラサラの肌になって超快適にベッドライフを過ごせたんですよ。

これがおすすめ!

ボディペーパーは清涼感を出すためにクール系の香りのものが多いと思うんですけど、病気の時にはちょっと刺激がハードすぎるので、石鹸の香りがおすすめ。刺激も少なくて、お風呂上がりのような清潔感が楽しめますよ。

 

マウスウォッシュ

これがあると憂鬱になりやすい病院生活がちょっと爽やかになりました。もちろんご飯の後はすぐ歯を磨くんですが、病院の空気は乾燥してたり、病気の時は口呼吸になりやすかったりするので、お口の中が乾いたりねばついたりしやすくなります。私も酸素マスクをつけてた時は喉がカラカラ。外した後もしばらく口の中が嫌な状態だったんですが、マウスウォッシュを使うとすっきり爽やかになりました。
病院の場合は18時ごろに夕食を食べて歯磨き。22時に消灯なので、そのまま寝るとなんか気持ち悪いんですが、寝る前にマウスウォッシュを使うとちょうどすっきり爽やか気分で寝ることができました。

これがおすすめ!

マウスウオッシュはいろんなのがありますが、病院では衛生的かつコンパクトなのが一番。というわけで、個別包装でスティックの使い捨てタイプのマウスウォッシュがおすすめです。

 

お気に入りのお茶か水

お茶や水といえば、ペットボトルに入ったものを自販機やコンビニで買えば済むと思うかもしれませんが、麻酔や手術をした後の痛みや頭痛、発熱などの状態を思い浮かべてください。日ごろ普通に飲めるものが飲めなくなったりするんですこれが。食中毒になって吐き気がする状態になったことがある方はわかるかもしれませんが、このお茶は飲めないけど、このウーロン茶は飲めるなんてことが起こるんです。
私は日ごろから愛飲しているからだ巡り茶をもっていったんですが、これが大成功!
苦みや渋みがなく、水よりも味がついててさらっと飲みやすいので、全身麻酔から覚めたもうろうとしてる&喉カラカラの状態でもさらっと飲むことができました。スリムタイプのボトルはつかみやすいのもよかったみたいです。

入院してしまえばコンビニがあっても自由に買い物にいけるわけじゃないので、自分が極限まで弱った時でも飲めそうなドリンクを3本くらい持参しておきましょう。

イヤホン

いろいろとそろってるレンタル品や病院の備品の中で、意外と入ってない上に、必ず必要になるのがこれ。テレビを見るときのイヤホンです。テレビとセットでついてる場合もありますが、ない場合があったり、耳に合わなかったりするので、使い慣れてるスマホ用のイヤホンなどを持参しましょう。
特に大部屋の方は周りの方のことも考えると必須ですよ~。

歯ブラシ&歯磨き粉

これはホテルなんかで体験されてる方はすぐピンとくると思いますが、レンタル品の歯ブラシはでかすぎたり毛並みがゴワゴワしてて綺麗に磨けませんし、歯磨き粉もフッ素配合がされていないとか、思考除去能力が弱い安物だったりするんです。なのでレンタル品があるとしても、普段から使い慣れている歯ブラシと歯磨き粉を持っていきましょう。

小銭と千円札

意外や意外、ないと困るのが小銭と1000円札です。病院ではたいてい1万円札や5千円札は使えません。
自販機で水を買う時も、洗濯機で洗濯するときも100円玉が重宝しますし、テレビカードを購入するにしても千円札が必要です。
入院して動けなくなってからはコンビニに駆け込めない(もしくは点滴を引きづってコンビニに行くのは大変)なので、あらかじめ100円玉や千円札を用意しておきましょう。

入院は少しでも快適に過ごせるように準備しよう

というわけで自分が実際に入院&手術をして動けなくなった状態になったからこそ分かった入院時に持っておくと便利なものを紹介してみましたが、必要なものな病気の内容や普段の暮らし方によって変わるはず。
実際に自分が入院した後のことを想像しながら、必要なものをしっかり準備して少しでも入院生活を快適に過ごしましょう。そしてなにより、1日も早く元気になって退院してくださいね♪

あっ!ちなみに食事は手術理直後のおかゆを除いては思ってたよりおいしかったですよ。
事前にメニューが選択できたりするところもあるのでお楽しみに。私はカツカレーがでてきて「病人でもカツカレー食べていいのね」って苦笑いしながらおいしくいただきました(笑)。

役に立ってくれるといいな。まあくんのなんでもミニ情報!

入院に役立つ持ち物チェックリスト

というわけで、ここで紹介した入院するときに準備しておくと「持ってて助かった!」って思えるグッズをリストにしておきますので、自分が日ごろ使ってるものや病院のレンタル品なんかに当てはめてチェックしてみてください。
きっと病院での窮屈で不便な生活を、少しでも快適に過ごすことができると思いますよ♪

柔らかハンドタオル
ボディシート(石鹸の香り)
マウスウォッシュ
お気に入りのペットボトルのお茶か水
イヤホン
歯ブラシ&歯磨き粉
小銭&千円札

この記事が気に入ったら
いいね !してね

Twitter で
LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. なんでもチャレンジ

    インバスケット試験の結果と昇進との関係は?

    インバスケット試験を受講してはや2ヶ月。どんな結果が来るのかとドキドキ…

  2. なんでもチャレンジ

    紅まどんなの保存方法とおいしい食べ方!手作りジャムをつくってみたよ!

    みかんとは思えない新食感の紅まどんなにすっかりはまってしまったまあくん…

  3. なんでもチャレンジ

    初期虫歯を削らず治療できるフッ素コートジェルを使ってみた!

    歯の定期健診で見つかったC1の初期虫歯が削らなくても直せるって歯医者さ…

  4. なんでもチャレンジ

    君の名は。の組紐ブレスレットを作ってみた!編み方や材料もご紹介!

    映画「君の名は。」で時を超えてみつはと瀧をつなぐ組紐を思い切って自分で…

  5. なんでもチャレンジ

    紫ニンジンってなあに?味はいいけど食べ方やレシピに注意してね!

    行きつけの八百屋さんでまたまた変わった野菜を発見したまあ君です。今回は…

  6. なんでもチャレンジ

    ブログ100記事達成!1年続けてみた感想やアクセス数の推移を振り返ります!

    みなさま 新年あけましておめでとうございます!ちょっと嬉しいことのあっ…

コメント

  1. 咲く草花さんこんばんは~。
    いや~、入院生活はほんとに大変でしたが、すっかり元気になりました。ありがとうございます。
    入院中は仕事よりも野菜の方が心配だったんですが、
    水切れ対策用バケツじゃぶじゃぶ作戦が成功して無事に乗り越えました。(^^)
    そっか~、サイズがあったスリッパや体温調整できる衣服も大事ですよね。
    このコメントのやりとりがこれから入院する方の役に立ってくれるといいですね(@^^)/

    • 咲く草花
    • 2018年 6月 17日

    はじめまして。
    いつも水耕栽培のブログを楽しみに拝見しています。

    退院お疲れ様でした。
    入院中、水耕栽培植物はいかがでしたか?

    自分にあったスリッパや靴下、夏用の薄い肌着等も
    日頃から入院用として準備しておくととても便利でした。

    お大事になさってください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 焼きあがったホットサンドの朝食02
  2. 光に向かって伸びるブロッコリースプラウト
  3. R Baker大阪城公園店の店内
  4. 洗った瀬戸ジャイアンツの実
  5. 家庭菜園で育てた大葉

このブログのフォーマットについて

このブログはTCDの有料テーマMUGを採用してるよ♪

  1. シンプルライフ

    充実した休日のランチタイムを過ごせる!お店探しの7つのポイント!
  2. ヘルシーフード&運動

    ランニングを続ける効果とは?メリットやコツをご紹介!
  3. なんでも水耕栽培

    スポンジ培地だけで野菜が水耕栽培できるのか試してみた!
  4. なんでも水耕栽培

    とっても意外なアブラムシ対策!牛乳スプレーで野菜のアブラムシを駆除してみたよ!
  5. 虫除けネット

    なんでも水耕栽培

    水耕栽培の虫対策!虫除けネットでアブラムシもコバエもプランターごと防ぐよ!
PAGE TOP