【7/17まで】amazon最大のセール開催中!プライムデー会場はこちら!

3年経って分かったパーソナルトレーニングの費用対効果!

パーソナルトレーニングの2ヶ月短期集中ダイエットにチャレンジしてから早くも3年。スリムな体で毎日を満喫中のまあくんです。今回は実際にパーソナルトレーニングを受けた後に3年過ごしてみたからこそ分かった費用対効果について確認してみます!



パーソナルトレーニングジムの費用対効果を検証

パーソナルトレーニングを終えて3年

独特のエクゼクティブ感や価格の高さに「敷居が高いな~」なんて感じながらも思い切ってやってみたパーソナルトレーニング。2015年の5月から2ヶ月の短期集中コースで驚くほどの効果がありました。
そしてあっという間に時間が経って気が付けばもう3年。特にダイエットとか食事制限をしてるわけじゃないのに、リバウンドなしでスリムな体を維持したまま毎日楽しく過ごせてることに気づきました♪

今ではこのスリムな体型があたりまえと感じてるくらいです。
こんなことになるとは3年前の自分は全く想像もつかなかったな~。
もしあの時パーソナルトレーニングの敷居の高さに怖気づいてチャレンジしてなかったら、今でも効果のないダイエット法に取り組んでみたり、何キロもランニングを続けてみたり、ダイエット本やトレーニング本を読んだりして時間やお金をつかって、ちょっと痩せてはリバウンドみたいなことの無限ループを繰り返してたんだろうなってしみじみ思います。

パーソナルトレーニングの費用対効果

ここでふと気になったのがパーソナルトレーニングの費用対効果。
本気でバシッとやれば一生かっこいい体で人生を楽しめるから少しぐらい価格が高くてもしかたない!
ってくらいの気持ちで思い切ってやってみたんですが、3年たって振り返ってみると実際は意外とコストパフォーマンスが高いんじゃないかと思い始めたので、かかった費用を振り返りながら確認してみます。

パーソナルトレーニングのダイエットに掛かった総額は?

まずはパーソナルトレーニングでスリムな体を手に入れるために掛かった費用をすべて挙げてみます。

  • パーソナルトレーニング2ヶ月短期集中コース費用:128000円(税別)
  • プロテイン費用:6200円(税別)
  • 食費アップ分:5000円(税込み)

私が通ったジムはパーソナルトレーニング2ヶ月短期集中コースは週2回ペースで60分のパーソナルトレーニングを全16回で総額128,000円(税別)。良心的なジムだったので入会金や施設利用料なんかは不要でした。
今振り返っても10万円以上っていうのは、相当慎重になる金額ですよね。

それから他のジムだとウエアやシューズなんかも準備する必要がありますが、私の通ったジムはウエアもシューズもすべてレンタルできて費用に含まれているので費用はゼロ。とってもお得だったんですよ。

あとはトレーナーさんにオススメされて購入したプロテインにかかった費用が3100円×2パックで6200円(税別)。

あっ、それからお肉や魚を多めに食べる様に言われてスーパーでお肉をたくさん買うようになったので、2ヶ月で食費が5000円くらい上がったのもしっかり含めとこっと(笑)。

そしてこれらを合計すると・・・

149、936円!

約15万円がスリムな体をゲットするためにかかった費用ということになります。
改めて計算してみると結構な額ですね~。私にとってはとっても大きな金額です。当時社内旅行の積立金が返金されてちょうどお金が手元にあったからチャレンジできたわけですが、普通なら使うかどうか相当迷う金額だと思います。

パーソナルトレーニングをやってなかったらかかった費用

今度はパーソナルトレーニングをやってなかった場合にかかった費用を計算してみます。

あの時はウエストが徐々に緩んできて元に戻らなくなってるのを実感し始めてた頃で、平常時より3㎝以上太くなってきてズボンがきつくなってきてたんで、放置すれば間違いなくズボンは買い替えが必要になります。

例えばスーツで春秋もの29800円×2着、夏用パンツ2本で6000円×2本、プライベート用のデニムのズボン2本で8900円×2本、夏の短パン5000円×2枚を購入したとすると、税金もいれたりしてなんと合計107352円!

11万円近いお金が緩んだおなか対策用のズボン代に消えていってしまいます。

そういえば数年前にメタボゾーンに突入した私の友人はビジネススーツやら私服やら全部買い替えるのにボーナスが消えていったって面白おかしく言ってましたが、太るってのはこんなに怖い事だったんですね。

しかももっと怖いのは今まで持ってたズボンは殆ど全部履けなくなっちゃうってこと。それって新たに費用は掛かりませんが、今までかけたお金が無駄になる上に、使えないものがクローゼットを占拠するというぐったり感満点の状況に陥るわけです。

そんな生活は想像しただけでもイヤ~っ!!

それから今までの行動を振り返ってみると、私の場合はダイエットを意識して、ダイエット関連雑誌や腹筋割る系の雑誌をみつけるたびに購入したり、「食べたものをなかったことにする薬」なんかを購入しちゃうと思うんです。

あとはハンズなんかで目新しいエクササイズグッズやビリーズブートキャンプみたいなDVDなんかを購入してみたり、ひょっとしたらどんなトレーニングや運動をしたらいいかも分からないまま普通のジムに通ってたかもしれません。

そういったことに掛かるお金を考えたら、ズボン代含めて3年間で少なくとも15万円以上、下手すると20万円くらい使ってたことは間違いありません。

  • 15万円でパーソナルトレーニングでスリムな体になって毎日を楽しむ
  • 15万円で緩んだウエストに合うズボンを購入し、痩せないダイエットにお金を使う

実際に計算して整理してみたら、どっちがいいかは一目瞭然!

予想以上にわかりやすい結果に、自分が間違った選択をしてなかったことがわかって若干嬉しくなってきました♪

パーソナルトレーニングでリバウンドしにくいスリムな体と知識を手に入れるために15万円くらい使うのは合理的どころかかなりお得で、ばっちり費用対効果が見込めるということが分かりました♪

うん、うん、自分は費用対効果が高いとってもお得な買い物をしたんだな~。
思い切ってチャレンジしたおかげで今の自分の健康でスリムな体があるんだな~

ってなんだかやけに納得してしまう私。

計算結果の影響もありますが、なによりも2ヶ月頑張ってしっかりダイエット効果が出た上に、締まったカッコイイカラダを維持できてるってのがこの嬉しさの理由だと思います。

いくらまでなら費用に見合う効果といえるか?

もちろんライザップみたいな高級価格帯のパーソナルトレーニングジムで40万円くらい使っちゃったら費用対効果が低くなる可能性がありますが、目安としては20万円以下くらいであれば様々なダイエット手法の中でも費用対効果の高いダイエットメニューと言えます。

ダイエットにかかる時間も効率がいい

あと忘れちゃいけないのが時間です。ダイエットとリバウンドの無限ループを抜け出し、3年間リバウンド知らずで楽しく暮らしている今だからこそ言えることですが、2ヶ月本気で頑張って結果を出したほうが時間的にもすっごく効率的です。

もちろん2か月間は仕事をしながらジムに通ったり食事にも気を遣うのは大変でしたが、それでも2ヶ月でばっちり成果をだして、その後ずっと効果を満喫できるってのは時間的に超効率がいいといえます。

なにしろ、パーソナルトレーニングをしてなかったら、太った体用の服を買いに行く時間はもちろん、ダイエットを意識して本を読んだり運動をしたりする時間を使わなければなりません。しかも季節や時期を問わず年中ダイエットを考えながら時間を使っていくわけです。

そう考えると最初にもお話ししたように、ダイエットを意識しないでスリムな体でずっと毎日を楽しめるいまの状態はとってもありがたい事なんだなって思います。ダイエットのために本を読んだりランニングなどの運動をする時間を趣味や家族のための時間など、他の事に使えますもんね。

緩んでいく体を心配して食べたいものや飲み会を我慢したりしなくてもいいことを含めてとっても合理的です。

コストパフォーマンスが高いパーソナルトレーニングのダイエット

というわけで、パーソナルトレーニングの短期集中コースでスリムな体を手に入れてから3年経ったことを期に、費用対効果をチェックしてみたところ、とっても効率的なダイエットだってことが確認できました。

私の様にパーソナルトレーニングの敷居の高さや費用で始めるかどうか迷ってる方がいらっしゃったら、今回の結果を参考にして自分なりに価値があるかどうかを確認してみてくださいね♪

役に立ってくれるといいな!まあくんのなんでもミニ情報!

手ごろな価格で通えるパーソナルトレーニングジムは?

個人や少人数で経営されているいわゆるマイクロジムというところだと価格は比較的安い傾向がありますので、そういったジムが近所にあれば検討してみるのがいいと思います。

ただし、マイクロジムはトレーナーさんが少ないために予約が取りにくいことがあったり、風邪や不測の事態で予定通りトレーニングを受けられないことも考えられるので、ある程度規模が大きいジムで価格が抑えられたジムを探すのがオススメです。

全国展開をしているジムならノウハウもたくさんありますし、全額返金保証があったり、今までの体験者の実績をビフォーアフターの写真で公開してるなどサービスや情報公開が充実しているので、ジム選びの際にチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です