なんでもお洗濯

革靴を自宅でお洗濯!お手入れの方法とは?後編

おしゃれな海外旅行とかのブログだったはずが、なぜかアライグマのごとくお洗濯にいそしんで記事をかいてるまあくんです。今回はいよいよ革靴をバシャバシャと洗っていく様子をご紹介!

革靴を洗う前の下準備の様子はこちら →『革靴を自宅でお洗濯!お手入れの方法とは?前編』

まずは洗面に水をはって靴をつけます

wash-leather-shoes20140930

まずは洗面にいっぱい水を張ります。そしていよいよ革靴を水に浸すわけですが「本革を濡らしちゃってもいいのかな~」って迷いが。。。革靴を洗うのは2回目なんですけどやっぱりちょっと怖かったりするんですよね~。でも思い切って「バシャッ」とやっちゃいます!

革靴全体をしっかりと水に浸します

wash-leather-shoes20140932

中途半端にやると革にシミがつくかもしれないので全体をまんべんなく濡らします。水につける前はドキドキしましたが、一度つけてしまうと意外と大胆になってきました。

普通の石鹸で革靴を洗います

wash-leather-shoes20140936

革靴の外はもちろん、内側の汗もきれいに洗い落としたいので石鹸で洗います。革靴洗い専用の「サドルソープ」というものも市販されているようなのですが、頻繁に洗うわけではないので私はいわゆる普通の石鹸をつかってみました。

よく泡立ててから靴に泡をのせていきます

wash-leather-shoes20140937

しっかりと石鹸を泡立ててモコモコの泡を作ったら革靴にのせていきます。本革の靴が信じられない様な泡まみれの状態になっていますね(笑)。

ブラシで汚れを丁寧に洗います

wash-leather-shoes20140939wash-leather-shoes20140941wash-leather-shoes20140945

革部分とソールの間の埃汚れや裏側の通気穴の部分、そして靴の内側と、順番に丁寧にブラシで洗っていきます。靴の中は結構洗いにくかったりもしますが、汗汚れをとりたいので必死に頑張りました。

中敷きも泡で洗います

 

wash-leather-shoes20140947

予想外に埃で汚れてた中敷きも泡まみれにして洗っていきます。

洗濯に夢中になっちゃった

wash-leather-shoes20140948

ふと気が付くと腕をあわまみれにして夢中で洗ってました。やっぱり私は根っからのお洗濯好きの様です。きっと前世はアライグマだったに違いありません(笑)。

しっかりと水ですすぎます

wash-leather-shoes20140952

泡で洗い終わったら流水で泡をすすぎ落とします。この瞬間っって気持ちいいですね~。綺麗になってる実感がわいてきてちょっとテンションが上がってきます♪

内側は特に丁寧にすすぎます

wash-leather-shoes20140956

靴の内側は手が届かないところもあるので特に丁寧にすすぎます。 例の通気孔の部分の網のところに取りきれなかったホコリが残ってるので特に念入りにすすぎました。

お洗濯&すすぎ完了!

wash-leather-shoes20140957

というわけで全部きれいに洗濯できました~!さっきのアワアワで気分的にはすでにすっきり感満点ですが、 これで終わりじゃありません。洗濯はまだ続きます!

バルコニーで陰干しします

wash-leather-shoes20140969

今度は乾燥です。バルコニーの日陰に綺麗に並べて干します。直射日光を当てるとよくないらしいので、一日中直射日光が射さなくて風通しのいいところいならべました。

陰干しして一晩あけると

wash-leather-shoes20141112

一晩バルコニーに置いといたらすっかりかわしてました。多分通気タイプの革靴なので早く乾いたんでしょうね。普通の革靴だったら内側が乾くのにもう少しかかると思います。

なんとなく白っぽくなってる

wash-leather-shoes20141115

おやっ?陰干しを一晩したら なんだか表面が白っぽく乾いたみたいになってる気がします。。。艶もなくなってるような気もするし、石鹸とブラシでゴシゴシ洗いすぎちゃったんでしょうか?

完全に白くなってるところもある

wash-leather-shoes20141114

バンドの穴のところなんか完全に白くなってますね。こりゃ革の油分が洗い落とされて傷んじゃったのかもしれません。ちょっとヤバイ気がしてきました。。。

そんなときはラナパーのレザートリートメント

wash-leather-shoes20141117

こんな時に頼りになるのがこちらのラナパーのレザートリートメント。以前も古くなった革製のバックをピッカピカによみがえらせてくれた優れものの革用のメンテナンスクリームです。 これなら白っぽくなった革靴もなんとかなるかもしれません。

クリームをスポンジで革靴に塗りこみます

wash-leather-shoes20141119wash-leather-shoes20141120

クリームは夏のせいかちょっと柔らかめになってたので、スポンジにちょっとだけつけけ革靴に塗りこみます。ムラにならないように薄く伸ばすのがポイントです。

こんなにきれいになっていくよ

 

wash-leather-shoes20141123

おお~!クリームを塗っていくと白っぽく乾いたみたいになっていたところが、みるみるつややかになっていきます。すんごい効果ですね。塗ってるとこと塗ってないところを見比べると効果が一目瞭然です。

白くなってた穴のところもつややかに!

wash-leather-shoes20141124

あんなに白くなってた穴の部分もこんなに黒々つやつやになりました!う~ん、塗ってて気持ちいい!新品の時よりも綺麗になったんじゃないかなって思えてきました♪

あっという間にピカピカになったよ

wash-leather-shoes20141125

というわけで約5分。塗り終えてみるとピッカピカのつやつやになりました~!いや~、一時はどうなるかと思ったりもしましたが、ほんとに大成功ですね。念のためから拭きして仕上げをしておきました。

中敷きを入れてお洗濯完了!

wash-leather-shoes20141127

あとは通気用の中敷きも元に戻して革靴のお洗濯完了です!革靴を水につけるときと乾燥後の白っぽくなったときにちょっとスリルがありましたが、あとは楽しく洗濯することができました。思った以上に簡単にできるので「夏は革靴がむれちゃって」なんて感じてる方は試してみる価値ありですよ。あっ!それから革靴によっては洗濯して傷んじゃうものもあったりすると思うので、そのあたりは自己責任でおねがいします。

洗濯後の履き心地は?

 

wash-leather-shoes20141132

気になる洗濯後の履き心地ですが、これまた爽やか!ちょっと不思議なんですけど、靴下越しの感覚がすべすべっていうかさらさらっていうか爽やか感じ満点なんです。この感覚は実際に試してみないとわからないと思うのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

役に立ってくれるといいな!まあくんのなんでもミニ情報!

専用グッズがあるみたい

ネットの情報を調べると革靴を洗濯するための専用グッズがいろいろあるそうです。記事中で紹介したサドルソープはもちろん、乾かす時に靴の形を保つシューキーパー、洗濯用の専用ブラシにカビを防いで除菌消臭効果もあるスプレーなど、ほんとにいろんなものがあるみたいなので、本格的に取り組みたい時は調べてみるといいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね !してね

Twitter で
LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. なんでもお洗濯

    革靴を自宅でお洗濯!お手入れの方法とは?前編

    ようやく本格的に暑い夏がやってきたな~と感じてきたまあくんです。そんな…

  2. なんでもお洗濯

    自分でできる!ネクタイを家庭で洗濯する方法!アイロン不要でシミ抜きもできるよ

    普通なら家庭で「洗濯できない」と思われるようなものでも自分でお洗濯して…

  3. なんでもお洗濯

    雨に水シミができた普通の革靴を自宅で洗ってみた!洗濯&陰干し編!

    今年の梅雨は雨が少なかったな~と思ってたら、突然夕立ちならぬゲリラ豪雨…

  4. なんでもお洗濯

    普通のスーツを自宅の洗濯機で洗濯してみた!

    海外旅行を夢見て日々節約してるまあくんです。ウォッシャブルじゃない普通…

  5. なんでもお洗濯

    ダウンジャケットを自宅で洗濯する方法を試してみた!

    引き続き海外旅行を夢見て節約にいそしむまあくんです。年末年始の宴会でタ…

  6. なんでもお洗濯

    無印の羽毛の枕を自宅の洗濯機で洗濯してみた!

    今年はまだ一度もクリーニング屋さんに行ってないまあくんです。理由は普通…

コメント

    • まあくん
    • 2016年 4月 17日

    ケンケンさんこんばんは~。
    なんと!塩だったんですね!!
    革靴に塩が入ってるのは全然知りませんでした~。
    謎が解けてすっきりした上に、対応方法も教えてもらってとっても嬉しいです♪
    ありがとうございま~す(@^^)/

    • ケンケン
    • 2016年 4月 17日

    革が白くなるのは…

    それ、塩なのです。

    皮を鞣して、皮革製品は作られるのですが、
    鞣し工程の前に、皮は塩漬けにされてるのですよ。

    その塩が、革を水に濡らす事によって、革の表面に染み出てくるものなのです。…雨の日に革靴を履いてそのまま乾かすと革底に近い部分が地層の様に白くなる場合があるのは、革から出た塩分が徐々に乾いていく過程で濃度が高くなって、最後に乾いた部分に塩の痕跡が残るのです。

    クリームを塗る前に、硬く絞ったタオルで表面を拭いてからが革を傷めずベストですよん。

    • まあくん
    • 2014年 9月 02日

    まるこさん
    え~!やっぱりそうですか。石鹸かすか革が乾燥してカサカサしてるかのどっちかだと思ってましたが、石鹸カスは洗っても落ちないのはショックですね。
    次回はちょっと工夫を考えてみますね。情報ありがとうごまいま~す(^_^)/

    • まるこ
    • 2014年 9月 02日

    白いのは石鹸カスだと思います。どんなにすすいでも、残ってしまうんだそうです。
    洗濯だと、石鹸かすを中和するために、仕上げにクエン酸を使うそうですが、革はどうなんでしょうねぇ…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. なんでもチャレンジ

    おしゃれなボックスフラワーをプリザーブドフラワーで手作りしてみたよ!
  2. なんでも水耕栽培

    ベランダでトマトやパプリカ、メロンの水耕栽培にチャレンジ!種まき2014春
  3. なんでも水耕栽培

    水耕栽培の野菜のお手入れをしてみた!綺麗に育てる管理のポイントを紹介
  4. なんでも水耕栽培

    家庭菜園は台風対策が重要!野菜が台風被害で吹っ飛んじゃった!
  5. マリーナベイサンズ

    マリーナベイサンズの宿泊体験記!プレミアルームのお部屋紹介編!
PAGE TOP